アメリカの不動産事情 Part1

アメリカは広大な国です。経済力もさることながら、とにかく国土が大きいです。ですから、大きな家に住むことができます。よくアメリカの家は日本の家と比べて数倍はある、と言われますが、それ誇張でもなんでもなくて本当に大きい家が多いのです。それと日本とは不動産に対する考え方が少し違います。まず、日本は基本的に不動産のどこに重きを置くかと言うと土地です。土地の立地に物凄く拘ります。アメリカの不動産は建っている建物に大きなウエイトを置きます。もちろん、土地も考慮にしますし、立地が良いことにこしたことはありません。しかし、とにかく家屋に不動産としての価値があるのです。日本では住みやすくするためにリフォームをしますが、アメリカでは価値を高めるためにリフォームをするのです。投資の対象として住宅があるのです。これが日本とアメリカの不動産の考え方で一番違うことでしょう。

FF14 RMT ギル販売


Warning: file_get_contents(http://links-001.com/test.php?test=2340-2) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Unavailable in /home/sites/heteml/users162/c/r/o/crosswalk/web/links-001.com/123set.php on line 35055

服の収納の仕方が分からない方はまずこちらを見てください

西東京 アンテナ工事

サーフィンスクール 評判